PR

雨の日は日焼け止めいらない?必要?おすすめの日焼け止めも紹介!

お出かけ
記事内に広告が含まれています。
資産運用を始めたい!最近始めたばかり!適切な生命保険に見直しされたい方は是非。一般的なFP事務所の1時間分の相談料で「LINEでいつでもどこでも相談し放題」、詳細はこちら↓↓
afima link

多くの人が勘違いしているのが、雨の日には日焼け止めが必要ないと思っていることです。しかし、実は雨の日でも紫外線は降り注いでおり、日焼け止め対策が必要なのです。

今回は、雨の日でも必要な日焼け止め対策について、詳しく解説します。また、雨の日におすすめの日焼け止めや、特に注意が必要なシーンなども紹介するので、ぜひ参考にしてください。

曇りの日や雨の日も紫外線は降り注ぐ? 紫外線対策は必要?

紫外線の種類と肌への影響

紫外線には、A波(UVA)B波(UVB)の2種類があります。

  • UVAは、シミ、シワ、たるみの原因となる 「光老化」を引き起こします。また、近年では免疫抑制効果も確認されており、皮膚がんのリスクを高める可能性も指摘されています。
  • UVBは、日焼けによる炎症や痛みを引き起こす 「サンバーン」 の原因となります。

どちらも肌に悪影響を及ぼすため、適切な対策が必要です。

曇りの日や雨の日でも紫外線は降り注ぐ

実は、曇りの日や雨の日でも、紫外線量の約30%が降り注いでいます。これは、雲を透過するUVAが主な原因です。

また、雨上がりの路面や水面は光を反射しやすいため、晴れた日よりも多くの紫外線が肌に当たってしまうことがあります。

雨の日でも日焼け止めが必要な理由

  • 紫外線量の目安
    • 気象庁によると、曇りの日は晴れの日の約60%、雨の日は約30%の紫外線が降り注いでいます。
    • 厚生労働省は、日焼け止めのSPF値は最低でもSPF15以上、PA値はPA++以上を推奨しています。
  • SPFとPAの選び方
    • SPFは、UVBを防ぐ効果を表す指標です。数字が大きいほど効果が高くなります。
    • PAは、UVAを防ぐ効果を表す指標です。+が多いほど効果が高くなります。

雨の日でも、SPF30以上、PA+++以上の紫外線止めを使用することをおすすめします。

雨の日におすすめの日焼け止め

雨の日におすすめの日焼け止めは、以下の3つのポイントを満たしているものを選びましょう。

  • ウォータープルーフタイプ:汗や水に強いので、雨の日でも効果が持続します。
  • ジェルタイプ:サラッとした使用感で、べたつきにくいのが特徴です。
  • スプレータイプ:手軽に塗布できるため、広い範囲に日焼け止めを塗りたいときにおすすめです。

下記におすすめの日焼け止めを紹介します。

資生堂 パーフェクト UVプロテクター

  • 高い紫外線防御効果: SPF50+・PA++++で、UVAとUVBをしっかりブロック
  • 乾燥を防ぎ、肌を潤す: スーパーウォーターキープヴェール処方&保湿成分配合で、乾燥知らずの潤い肌へ
  • 心地よい使用感: みずみずしいジェル状で、白浮きやべたつきなし
  • ウォータープルーフ・スーパーウォータープルーフ: 汗や水、熱にも強く、レジャーシーンにもぴったり
  • 環境に優しい: リサイクル可能な容器を使用、動物実験は行っていない
  • 豊富なラインナップ: 顔用、からだ用、乳液タイプ、ジェルタイプなど、自分に合ったものを選べる
  • 口コミで評判: 多くの人がその使用感や効果に満足

La Roche-Posay UVイデア プロテクショントーンアップ

  • 高い紫外線防御効果:SPF50+・PA++++で、UVAとUVBをしっかりブロックし、日焼けによるシミやそばかすを防ぎます。
  • トーンアップ効果:肌を自然に明るくトーンアップし、透明感のある肌へ導きます。
  • 保湿効果:ヒアルロン酸などの保湿成分配合で、肌を潤し、乾燥を防ぎます。
  • 軽い付け心地:みずみずしいジェル状で、肌にすっと伸び広がり、べたつきません。
  • ウォータープルーフ・スーパーウォータープルーフ:水や汗に強く、プールや海辺などのレジャーシーンにもおすすめです。
  • 敏感肌にも優しい:低刺激設計で、敏感肌の方でも安心して使用できます。
  • 無香料:香料不使用なので、香りに敏感な方にもおすすめです。
  • 手軽さ:日焼け止めと化粧下地がこれ1本で済むので、朝のメイクが時短できます。

ALLIE エクストラUVジェル ミニ

  • 高い紫外線防御効果: SPF50+・PA++++で、UVAとUVBをしっかりブロックし、日焼けによるシミやそばかすを防ぎます。
  • 汗や水に強い: ウォータープルーフ・スーパーウォータープルーフ処方で、汗や水、摩擦にも強く、長時間の効果を持続します。
  • 白浮きしにくい: 透明感のあるジェル状で、肌にすっと伸び広がり、白浮きしにくいです。
  • サラサラとした使用感: 肌にべたつかず、サラサラとした使用感です。
  • ミニサイズで持ち運びやすい: ミニサイズなので、ポーチに入れて持ち運びにも便利です。

La Roche-Posay(ラロッシュポゼ) 【 日焼け止め スプレー 】 アンテリオス UVプロテクションミスト

  • 軽い付け心地で、メイクの上からでも使いやすい:細かいミスト状で、肌にすっと馴染み、べたつきません。メイクの上からでも、ヨレずに塗り直せるので、メイク崩れが気になる方にもおすすめです。
  • 高い紫外線防御効果:SPF50+・PA++++で、UVAとUVBをしっかりブロックし、日焼けによるシミやそばかすを防ぎます。
  • ウォータープルーフ・スーパーウォータープルーフ:水や汗に強く、プールや海辺などのレジャーシーンにもおすすめです。
  • 敏感肌にも優しい:低刺激設計で、敏感肌の方でも安心して使用できます。無香料、無着色、アルコールフリーです。

上記以外にも、様々な種類の日焼け止めがあります。自分の肌質やニーズに合ったものを選びましょう。

雨の日でも特に注意が必要なシーン

  • 海やプールに行く:水面からの照り返しが強く、紫外線量が多くなります。こまめに日焼け止めを塗り直しましょう。
  • 雪山に行く:雪面に反射する紫外線が強く、サングラスと日焼け止めを併用しましょう。
  • 長時間屋外にいる:日陰を選んで歩く、こまめに水分補給をするなど、熱中症対策も忘れずに。

まとめ

雨の日でも紫外線対策は必要です。ウォータープルーフタイプなど、雨の日におすすめの日焼け止めを選んで、肌を守りましょう。

日焼け止め以外にも、帽子や日傘などを活用して、紫外線対策を徹底することが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました