PR

ハウステンボスで持っていけばよかったものは?快適に過ごすための服装も解説!

ハウステンボス
記事内に広告が含まれています。

ハウステンボスは、長崎県佐世保市にあるテーマパークです。四季折々の花々やイルミネーション、アトラクションなど、さまざまな楽しみ方ができます。

ハウステンボスを楽しむためには、事前に持ち物や服装を準備しておくことが大切です。今回は、ハウステンボスで持っていけばよかったものや、快適に過ごすための服装についてご紹介します。

ハウステンボスで持っていけばよかったもの

必須アイテム

日よけアイテム

屋外を散策することが多いので熱中症対策は必須です。以下の日よけアイテムがあれば紫外線や熱中症予防にもなります。

  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 水分補給用の水や飲み物

長時間歩くことと写真を撮ることも考えると日傘よりも帽子の方がいいでしょう。

カメラ

ハウステンボス内はフォトスポットが至る所にあります。スマホのカメラで撮るのもいいですし、もし高画質のカメラを持っているならそのカメラで綺麗な街並みと風景を撮るために持参しましょう。

自撮り棒

周囲の風景や背景を入れた写真が簡単に撮影や高めのアングルからの撮影、大人数での自撮りが簡単にできるので便利です。

モバイルバッテリー

ハウステンボス内ではスマホを使って情報検索や写真撮影もするので、バッテリーが切れてしまって撮りたい時に撮影できなかったなんてことにならないようにモバイルバッテリーは必ず持参しましょう。

歩きやすい靴

散策すると5キロ~10キロは歩きます。路面の多くは10センチ角程の石やレンガ等が敷き詰められ凸凹でこぼこしておりヒールでは歩きにくく足も疲れやすいですので動きやすくて足が疲れにくいスニーカーがおすすめです。

リュック

片手がふさがってしまうトートバッグやショルダーバッグより両手がふさがらない荷物が多く収納できるリュックがおすすめです。

子連れの方の持ち物

ベビーカー

ハウステンボスをとでも広いので移動が多いです。

ベビーカーがあれば子供が歩きたくないとぐずった時の大変な長時間の抱っこしての移動も避けることができます。

ハウステンボスではベビーカーの貸し出しも行っています。

料金:1000円(会員料金800円)

1回あたりの料金です。場内ホテル宿泊者は滞在期間中有効です。

台数に限りがあります。ベビーカーの予約はできません。

季節や天候に合わせたアイテム

ハウステンボスは、四季折々の花々やイルミネーションを楽しむことができます。そのため、季節や天候に合わせて、以下のようなアイテムを用意しておくとよいでしょう。

雨の日の持ち物

折り畳み傘があれば急な雨でも助かります。

普段、車を利用されてる方や電車通勤の方には逆折りたたみ傘がオススメです。傘をさしながら車の乗り降りがスムーズになり、濡れる心配がなくなります。満員電車でも隣の人に水滴がかかる心配もありません。↓

「NURASAN」【NIG】

夏の持ち物

  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 虫よけスプレー
  • 飲み物

真夏のハウステンボスは日差しが強く、最高気温は30度を超える暑さになります。意外と日影が少ないので、日焼け止めをしっかりと塗ることはもちろん、帽子や日傘などの日よけ・日焼けアイテムも忘れずに持っていきましょう。

冬の持ち物

  • コート
  • マフラー
  • 手袋
  • ニット帽や帽子
  • サングラス
  • 使い捨てカイロ
  • 温かい飲み物

冬のハウステンボスはグッと気温が下がりますので防寒対策はしっかりと準備しておきましょう。

持ち物選びのポイント

ハウステンボスは、広大な敷地を歩き回ることになります。そのため、歩きやすい靴や、水分補給ができる飲み物などを忘れずに用意しましょう。また、季節や天候に合わせて、服装や持ち物を準備することも大切です。

ハウステンボスで快適に過ごすための服装

季節や天候に合わせた服装

ハウステンボスは、四季折々の花々やイルミネーションを楽しむことができます。そのため、季節や天候に合わせて、以下のような服装を用意しておくとよいでしょう。

夏の服装

  • 半袖又は七分丈のシャツ
  • 薄いカーディガン(5月頃までは雨の日や夜は肌寒い事もある為)
  • ノースリーブのトップス
  • スカートやパンツ

秋の服装

  • 長袖や半袖のトップス
  • スカートやパンツ

冬の服装

  • 厚手のコート、ダウン(風を通しにくく保湿性の高いアイテムがおすすめ)
  • マフラー

12月は朝晩の冷え込みが激しくなり、沿岸部は対馬海峡からの冷たい風が吹きぬけるため、厳しい寒さを感じます。

特に下旬の気候は風も冷たくなる日が多くなり、厚めのアウターでも寒く感じる場合があります。

ショート丈よりロング丈の方が足元まで暖かく、凍える寒さにも対応できます。

12月は上旬と下旬では気温の差が激しいため、旅行やお出かけの際には、その日のハウステンボスの気温に応じた服装を心がけると快適に過ごせます。

アクティビティに合わせた服装

ハウステンボスには、アトラクションやショーなど、さまざまなアクティビティがあります。そのため、アクティビティに合わせて、以下のような服装を用意しておくとよいでしょう。

  • アトラクション:動きやすい服装、動きやすい靴
  • ショー:動きやすい服装、フォーマルな服装

たくさん歩いたりアトラクションに乗ったりすることを考えて、動きやすい服装であることも、ハウステンボスを満喫するポイントです。

海沿いに位置しているため強い風が吹くこともありますので、ひらひらとしたフレアのミニスカートなどは避けましょう

アクティブなパンツコーデやトレンドのロングスカートなどがおすすめです。

持ち歩きしやすい服装

ハウステンボスは、広大な敷地を歩き回ることになります。そのため、荷物をコンパクトにまとめ、持ち歩きしやすい服装を心がけましょう。また、荷物がかさばらないように、リュックサックやトートバッグなどの鞄を用意するとよいでしょう。

まとめ

ハウステンボスを楽しむためには、事前に持ち物や服装を準備しておくことが大切です。今回ご紹介した内容を参考に、快適なハウステンボス旅行を楽しんでください。

資産運用を始めたい!最近始めたばかり!適切な生命保険に見直しされたい方は是非。一般的なFP事務所の1時間分の相談料で「LINEでいつでもどこでも相談し放題」、詳細はこちら↓↓
afima link

コメント

タイトルとURLをコピーしました