PR

USJで持っていけばよかったものは?快適に過ごすための服装も解説!

USJ
記事内に広告が含まれています。

USJは、大阪府吹田市にあるテーマパークです。世界中から多くの人が訪れる人気スポットです。

USJを楽しむためには、事前に持ち物や服装を準備しておくことが大切です。今回は、USJで持っていけばよかったものや、快適に過ごすための服装についてご紹介します。

USJで持っていけばよかったもの

パーク行くと園内を歩き回ることが多くなるため、持っていく荷物はできるだけ最小限で済ませたいものです。しかし、いざ行ってみると「あれ持ってくればよかった・・・」という経験がある人もいるのではないでしょうか。

特に家族連れの場合は、「少し多いかな」くらいでいいと思います。使わなそうならコインロッカーにあずけましょう。

そこで、持っていけばよかったものを紹介しますので参考にして下さい。

必須の持ち物

財布(現金もあると便利)

もし財布を持ち歩きたくない方は、キャッシュレスがOKなので、パークで使える現金以外の支払い方法を確認しておきましょう。

USJ内のお店では、クレジットカード、電子マネー、モバイル決済など、現金以外の支払いにも対応しています。

上記で紹介していますが、クレジットカードは8種類、電子マネーやモバイル決済は9種類が利用できます。なお、すべての店の支払いで利用可能なわけではありません。お店の入口などに、自分が使いたい支払い方法のマークがあるかを確認しましょう。

※Suica、ICOCAなどの交通系電子マネーは非常にユーザーが多いですが、残念ながらUSJでは利用できません。

チケット

お財布とチケットは必ず忘れないようにしましょう。USJはチケット代以外にも食事代やお土産代、交通費、宿泊費などお金を使います。

事前にいくらかかるのか把握しておきましょう。

USJの旅行費用やチケット料金の詳細

スマホ

USJではスマホで写真を撮ったり、調べものをしたりするので忘れないようにしましょう。

その他にもダイレクトイン(QRコード付きチケット)を購入している方ならスマホに表示させたQRコードがチケット代わりになります。

スマホに表示させたり、印刷したQRコードを認証機に読み込ませましょう。発券する手間もかからないので、そのままパークに入場することも可能です。

タオル

USJ内を歩くことが多いので汗をかいたら拭けるように持って行きましょう。

日焼け止め

紫外線からお肌を守る為には欠かせません。

私も使っているこの日焼け止めクリームは無香料で敏感肌の方でも使えます。お子さんにもおすすめです。

化粧直し

女性の方はもちろん、今の時代は男性も必需品ではないかなと思います。

歩きやすい靴

USJでは一日中歩き回るので足にやさしい疲れない靴を選びましょう。

軽くて履き心地がよくフ通気性もいい、ファッションとしても使えるこちらの靴はおすすめです。

携帯灰皿(喫煙者の方)

USJではパーク内とパーク外に喫煙所がありますが、利用者で混みあっている場合は、携帯灰皿があると人混みの中をかき分けて灰皿まで吸い殻を捨てに行かなくて済みます。事前にパーク内の喫煙所は確認しておきましょう。

USJの喫煙所マップの詳細

あると便利な持ち物

レジャーシート

レジャーシートがあれば、汚れている場所でも気にせず荷物も置けますし座れます。

パレードでの場所取り、グラマシーパークの芝生の上で休憩をする時などに利用します。

シートや荷物のみの場所取りはNGとなってますので注意してください。

※パーク内にも売っているので忘れても大丈夫です。

カメラ

スマホのカメラでの撮影でも十分だと思いますが、もし高画質のカメラを持っているのであれば持参しましょう。映えるフォトスポットがたくさんありますので家族や子供、お友達との思い出を鮮明に写真に残しましょう。

モバイルバッテリー

スマホでの情報検索やカメラでの撮影でバッテリーはどんどん消費しますので予備を持って行くようにしましょう。

USJ内にはスマホと携帯電話の充電スポット(有料)がたくさんありますのでそれを利用するのもありです。

※電池やモバイルバッテリーもパーク内で販売されています。

一台あれば重宝するので、持っていない方は、是非この機会に購入することをおすすめします。

モバイルバッテリーを忘れた場合

USJのアプリは便利な反面、スマホのバッテリーの消耗が激しいです。バッテリーが切れてしまうと何もできなくなってしまうので、所定の場所でレンタルしましょう。

また、パーク内のショップでは、モバイルバッテリーを購入することも可能です。ただし、販売店舗は2ヵ所のみなので注意しましょう。

モバイルバッテリーのレンタルモバイルバッテリーの購入
①エントランス前右手のロッカー内①ユニバーサルスタジオストア(ハリウッドエリア)
②エントランス右手のロッカー内②サンフランシスコキャンディーズ(サンフランシスコエリア)
※モバイルバッテリーは1種類のみで、値段は3,000円。
③スパイダーマンとルイズN.Y.ピザパーラーの間のトイレ入口
④セントラルパーク入口横の男子トイレ
⑤ユニバーサルワンダーランドのトイレ入口前
⑥アミティビレッジ内のトイレ入口
⑦マリオエリアのキノピオカフェ横のトイレ入口前

水分補給用の水や飲み物(水筒)

保冷温タイプの水筒はとても重宝します!

氷が解けにくい水筒は暑い夏には本当に快適ですよ。

園内を歩き回るため、こまめに水分補給をすることも大切です。

※缶・瓶・アルコールの持ち込みは禁止されています。
1人1本500ml以下のペットボトルまでなので気をつけましょう!

ジップロック(ビニール袋)

お菓子の小袋を入れたり、濡れては困る物を保護にも使用できます。

お子様連れだとゴミ袋に使えるので便利です。

エコバック

購入したグッズやお土産などを入れるのに便利です。

着替え

ウォーターワールドの水をふんだんに利用するショーでは、席にもよりますが濡れることがありますので着替えは必須です。

寒暖差がある季節になるとつい厚着だったり薄着だったりしますので1枚は着替えを持っていきましょう。

医薬品、常備薬

常備薬はどこかお出かけの時は必需品です。

当日に体調が良かったとしても風邪薬、頭痛薬、胃腸薬などはお守り代わりとして持っておくと安心です。

花粉症の方は目薬も持っていくとおすすめです。

持病がある人は必ず薬を持って行きましょう。

ケガや体調不良の場合

パーク内にいる時にケガをしてしまったり、アトラクションで気分が悪くなってしまった場合は、エントランス右側にある救護施設のファーストエイドに行きましょう。

ここには医療従事者が常駐しており、応急処置を行ってくれます。ただし、薬の処方は法律によりできません。

防水リュック

USJに行くなら防水リュックをおすすめします。

たくさん収納できるリュックならお土産も楽々持てます。又、防水だと水のアトラクションにも安心です。突然の雨や汚れも気にしなくていいです。

ウエットティッシュ

ウェットティッシュは色んなシーンで役立ちます。

アトラクションで遊んだ後に軽食を食べながら移動するとき、食べ物で汚れた際も助かります。

頻繁に手を洗う手間も省けますし、汚れたテーブルや椅子、手すりなどいろんな場所で使用できます。

子連れの方に役立つ持ち物

  • オムツ
  • おしりふき
  • 除菌シート
  • 哺乳瓶
  • 離乳食
  • おやつ
  • 袋類
  • ビニール袋
  • 抱っこひも
  • ベビーカー

※オムツを切らしたりホテルに忘れることがあるかもしれません。USJパーク内ではオムツを販売していますので確認しておきましょう。準備していたとしても、もしものときの備えがあれば、安心してパークを楽しめます。

USJでオムツを販売している場所の詳細

ベビーカー

子どもが歩くのをぐずった際や長時間の抱っこの疲れを避けること、子供を乗せることはもちろん、手荷物を荷台に置くこともできますので、身軽に行動ができます。

アトラクション待ちの列には持って入れないので注意してください。
また、混雑時のベビーカーは進む事が困難な上に、人にぶつかるので注意してください。
48か月のお子様には1台1,100円でレンタルできます。

子連れ向けのファミリーサービス

パーク内には、赤ちゃんへの授乳やおむつ交換のできる「ファミリーサービス」やベビーカーのレンタルなど、お子さま連れの方向けのサービス施設が用意されています。

パーク内に2か所用意されているファミリーサービスでは、粉ミルク用のお湯や離乳食用の電子レンジも用意されているので、小さい子どもを連れて行っても安心して楽しむことができます。

トイレの場所も事前に確認しておくといいでしょう。急に子供がトイレに行きたがってもすぐに対応できます。

USJのトイレの場所の詳細

季節や天候に合わせた持ち物

USJは、四季折々の花々やイルミネーションを楽しむことができます。そのため、季節や天候に合わせて、以下のようなアイテムを用意しておくとよいでしょう。

夏に必要な持ち物

使い捨て冷却タオル

首に巻けるくらい長いものが薬局などで販売されています。

日焼けと汗と熱中症、この3つを予防してくれる役立ちアイテムです。使い捨てなので荷物が軽くなり、汗をかいた所を拭くとさっぱりして気持ちいいです。

帽子、日傘

熱中症予防の為にも日傘をさしたり、帽子をかぶっておくと安心です。

サングラス

紫外線から目を守る為にも炎天下では特にサングラス必須です。

夏の時期は屋外を歩いていると体力を消耗します。USJには休憩や仮眠がとれる場所がありますので事前にチェックして、疲れた時は無理せず休みましょう。

USJで休憩や仮眠ができる場所の詳細

冬に必要な持ち物

カイロ

いろんな防寒具がありますが、手頃で手軽さを考えると、貼れるホッカイロが寒いユニバではとても重宝します。

手袋、マフラー(ストール)、耳当て

冬のUSJは寒さが厳しいですので手袋やマフラー(ストール)、耳当てがあると温かく過ごせます。

ひざ掛け

足元は冷えますのでひざ掛けは必須です。

雨の日に役立つ持ち物

ポンチョ(レインコート)、折り畳み傘

突然の雨にも対応可能で、水をかぶるアトラクションでも大活躍してくれます。

アトラクションやショーで、濡れるのも楽しみのひとつですが、濡れる勇気がない人は、ポンチョをかぶって楽しみましょう。

リュックやカバンも丸ごと防水カバーできて、軽量でかさばりません。レジャーシートの代わりとしても使えるため、便利です。

荷物を地面に置く際に使ったりと色んなシチュエーションで活用できます。

折り畳み傘があれば急な雨でも助かります。

普段、車を利用されてる方や電車通勤の方には逆折りたたみ傘がオススメです。傘をさしながら車の乗り降りがスムーズになり、濡れる心配がなくなります。満員電車でも隣の人に水滴がかかる心配もありません。↓

「NURASAN」【NIG】

雨の日はアトラクションが中止になるものもありますが、雨の日の楽しみ方があります。

雨の日に中止になるアトラクションや雨の日の楽しみ方

もし雨具を忘れたという方でも安心して下さい。USJパーク内では雨具を販売しているお店があります。価格が多少高くなりますので事前にネット等で購入することをオススメします。

USJで雨具が購入できる場所の詳細

節約になる持ち物

ポップコーンのバケツ

以前にUSJでポップコーンバケツ付きのポップコーンを購入したことがある人は、以前購入したものを持ち込むと持ち込んだポップコーンバケツに通常の値段でポップコーンを入れてくれます。

ポップコーンバケツは色んな種類の新し物がどんどん発売されており、値段も4000円程度するものあり高価な為、もったいないので節約しましょう。

USJポップコーンバケツの種類や価格の詳細

ウォーターシューター

夏季限定ですが、ウォーターシューター(水鉄砲)を使ったショーやパレードが色々と行われます。

ウォーターシューターはパーク内で販売されていますが、以前、USJで購入したものがあれば持ち込んでそれを使うと節約になります。

ハリーポッターの杖

ハリーポッターエリアでは杖を使ってワンドマジックを楽しむことができます。以前、購入した杖をお持ちであればそれを持ち込んで楽しめば節約になります。

ハリーポッターエリアに行くなら杖は購入したいですよね。

ハリーポッターの杖がもらえる(購入できる)場所の詳細

お弁当

食費を減らすならお弁当をUSJのゲートを出てすぐのピクニックエリアで食べることができます。節約するならパークに入る前に食事を済ませておきましょう。

お弁当を作るのが面倒なら料金の安いレストランで食事をとることもおすすめです。

食事を安くすませることができるレストランの詳細

軽食

水筒や飲み物と同様で、原則飲食物の持ち込みは禁止されています。ですが、飴など一口で口に入れられるようなものは許容されているようです。ただし、そこの判断はクルーによって変わってくるので注意して下さい。

コインロッカー

多めに持ってきた場合、使いそうのない荷物はコインロッカーに預けましょう。コインロッカーには無料と有料があります。

無料で使えるロッカーや有料ロッカー料金の詳細

USJパーク内の便利スポット

ATM

  • パーク内(三井住友銀行)
  • エントランス外2か所(イオン銀行)

ユニバーサル・シティウォーク

JRユニバーサルシティ駅~パークまでの間に多種多様なお店が出店しているため、忘れ物や消耗品、日用品などはここで揃えてしまうのがおすすめです。

USJで快適に過ごすための服装

季節や天候に合わせた服装

USJは、四季折々の花々やイルミネーションを楽しむことができます。そのため、季節や天候に合わせて、以下のような服装を用意しておくとよいでしょう。

夏の服装

半袖やノースリーブのトップス、スカートやパンツ、サンダル

秋の服装

長袖や半袖のトップス、スカートやパンツ、スニーカー

冬の服装

コート、マフラー、手袋、帽子、ブーツ

アクティビティに合わせた服装

USJには、アトラクションやショーなど、さまざまなアクティビティがあります。そのため、アクティビティに合わせて、以下のような服装を用意しておくとよいでしょう。

  • アトラクション:動きやすい服装、動きやすい靴
  • ショー:動きやすい服装、フォーマルな服装

持ち歩きしやすい服装

USJは、広大な敷地を歩き回ることになるため、荷物をコンパクトにまとめ、持ち歩きしやすい服装を心がけましょう。また、荷物がかさばらないように、リュックサックやトートバッグなどの鞄を用意するとよいでしょう。

まとめ

USJを楽しむためには、事前に持ち物や服装を準備しておくことが大切です。USJへ遊びに行く前に自分にとってベストな荷物を厳選しておきましょう。

今回ご紹介した内容を参考に、快適なUSJ旅行を楽しんでください。

旅行観光ランキング
資産運用を始めたい!最近始めたばかり!適切な生命保険に見直しされたい方は是非。一般的なFP事務所の1時間分の相談料で「LINEでいつでもどこでも相談し放題」、詳細はこちら↓↓
afima link

コメント

タイトルとURLをコピーしました